免許合宿ならではのメリットと注意点とは

車やバイクなどを運転するために必要不可欠な免許は自宅から通う通学と教習所が管理する宿泊施設で生活をしながら取得を目指す合宿の2種類から選ぶことができます。一見すると同じように思えるこの2種類の方法には、メリットや特徴など細かい違いがあるので理解をした上で選択することが大切です。

今回は、合宿免許ならではのメリットや利用における注意点について解説していきます。


短期間で免許を取得することができる

数多くある合宿免許のメリットの中でも最たる物として挙げられるのが取得までの期間の短さです。一般的な通学で取得を目指す場合、それぞれのペースによる若干の個人差はありますが、平均で3ヶ月程度となっています。

一方合宿は希望する免許の種類次第では最短で2週間弱で取ることができるのが特徴です。

この説明を読んで勉強する内容に違いがあるのでは?と考えた人もいるかもしれません。しかし、車の運転免許は法律で定められたルールに則る形で学ぶことが義務付けられているため、教習所の通い方にかかわらず実技、学科共に授業内容に違いが出ることはありません。

同じ分だけ勉強をするにもかかわらず期間にこれだけの違いがあるのは教習のスケジュールの組み方が大きな理由の一つです。通学で教習を受ける人はその都度予約を取って受けるのが基本となっています。そのため、週末や学生の長期休みの期間は利用者が集中することで自分の希望するタイミングで受けられないケースも多いのが実情です。

それに対して合宿は入校時点で決められているスケジュール通りに進める形になります。本来の目的が免許の取得となっているため、教習が朝から夜間まで1日を通して無駄なく行われていくことで短期間で取ることができるのです。

合宿のスケジュールは通学とは別なので、先ほど述べた学生の長期休み期間といったシーズンなどに影響される心配はありません。

必要な費用を抑えられる

これは免許に限った話ではありませんが、資格の取得や習い事を始める上で誰しもが頭を悩ませるのが費用です。合宿免許の場合、教習所によって若干の違いがあるとはいえ、入学や教材費、試験を受けるために支払うお金などを含めて数十万円掛かってしまいます。

この費用についても、通学と合宿で大きな違いがあるのが特徴です。通学の試験に一発合格をしてスムーズに取れた場合の平均相場は30万円前後となっています。それに対して合宿は安い所であれば20~25万円程度の金額で利用することが可能です。

同じ教習内容で数万円もの違いが出るのにはいくつかの理由があります。その一つが教習所側のスケジュール管理です。前述したように、合宿は教習所側が決めたスケジュール通りに進めていくことが決まりとなっているので予約のキャンセルなどのトラブルもなく、無駄を省くことができます。

そのほかにも、数週間に1回のペースで卒業と入校を繰り返すことで回転率も良く安定した収入を確保できるという点も安く設定できる理由の一つです。

利用を考えている人の中には、別途宿泊や食事代などを取られるのではないかと心配する人もいます。しかし、こうした教習以外に掛かる費用も全て含まれているので、別途料金が発生する心配はありません。もちろん試験に不合格になった時の再受験料も入っています。

自分の好きな形で宿泊が可能

通学が自宅から通う形なのに対して、合宿は原則教習所が管理する宿泊施設で寝食を行うのが基本です。平均2週間程度とそれほど長い宿泊にはならないとはいえ、費用を支払っている以上は少しでも快適な生活を送りたいと考えるのは誰しもに共通する思いと言えます。

免許合宿の宿泊施設というと、一昔前であれば2人相部屋で食堂で宿泊者全員が共に食事を取る形でした。しかし、時代の移り変わりや需要の増加に伴って現在では多くの選択肢が用意されています。教習所によっては通常の2人はもちろんのこと、1人部屋やグループでの参加に対応した5~6人部屋などが用意されているケースも珍しくありません。

食事についても大勢での食事に抵抗を感じる人向けに自室で自炊をして周囲に気兼ねなく食べられるプランなどもあります。宿泊施設も同様に、温泉旅館やホテル、一風変わったペンションタイプといった様々な形態から選べるのが特徴です。

本来の目的以外の楽しみ方

ここまで何度も説明してきたように、合宿は予め決められたスケジュールに従って授業を受けていく形となりますが、連日朝から晩まで休みなく行われるわけではありません。昼食の時間はもちろんのこと、日によっては授業が少なく時間に余裕が出るケースもあります。

そこでおすすめとなるのが観光です。宿泊施設におけるコスト面の問題から、合宿制度を設けている教習所は地方に集中しています。場所によっては近くに有名な観光名所やレジャー施設が近くにある所も多く、空いた時間にちょっとした旅行気分を満喫することも可能です。

利用者の中には、この空き時間の観光をメインと考えて教習所を決めるという人も少なくありません。その土地でしか味わえないグルメを堪能したり、観光で思い出作りをしたりといった、本来の目的以外の楽しみ方ができるのも合宿ならではの大きなメリットと言えます。

免許合宿を利用する上での注意点

免許合宿には数多くのメリットがありますが、注意点しなくてはいけない点もいくつかあります。その一つがプライベートの予定の調整です。通学で教習を受ける場合、授業は全て自身が予約をする形になるので、プライベートの用事と上手に兼ね合いを取りながら進めていくことができます。

それに対して合宿は個人的理由によるスケジュールの変更は原則認められていません。万が一急な予定が入ってしまった時に対処することができないので注意が必要です。当然この期間は宿泊施設に缶詰状態で自宅に帰ることはできないため、社会人として仕事をしている人は予め2週間前後の長期休暇を取っておかなくてはいけません。

自動車免許合宿を終えた後の手続きはどうする?本免学科試験は期限内に必ず受けよう!


若干のコミュニケーション力が必要

入校するタイミングによって若干の違いはありますが、宿泊施設内には自分以外にも同様に免許を取りに来ている人はいます。例え自炊プランやシングルタイプの部屋であっても、建物内で何らかの形で顔を合わせることは珍しくありません。

同じ施設で暮らしている以上、多少なりともコミュニケーションを取ることが求められるので、人付き合いが苦手な人はこの点に注意が必要です。

詳細『合宿免許HUNTER|免許合宿短期』 > https://menkyo-hunter.net/